楽しく美味しく健やかに!

楽しく美味しく健やかに!

楽しく美味しく健やかに! header image 2

子宮を温めることが大切

2017年07月26日 by tanosiku

初めての妊活

二児の母です。妊活をしていた時、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。一人目に男の子を産んでいたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明するまで少し心配もしましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。産み分けのおかげだと思っています。いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。ここで葉酸が大切な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。葉酸単体での吸収率は低いために、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないですよね。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、総合サプリを選ぶようにすれば間違いないと思います。妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居ます。ですが、葉酸というものは熱に弱いため熱を加えてしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。妊娠が分かった後に葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも問題ないでしょう。一方で、葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。彼女はベルタの葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、彼女に伝えました。友達には悲しんで欲しくないですし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思っているんです。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血流のわだかまりを解消し、自律神経の働きを促し、ストレスを和らげる効果もあります。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛をしっかりと摂取するようにしましょう。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。妊娠を希望している女性だけでなく、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。亜鉛は精子の量を増やし、質の高い精子の生成をサポートする効果があるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。

タグ : コメント(0)

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。