楽しく美味しく健やかに!

楽しく美味しく健やかに!

楽しく美味しく健やかに! header image 2

不妊の根本的な原因

2017年08月31日 by tanosiku

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、十分な葉酸の摂取が厚生労働省が通知を出しています。葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事をポイントです。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。例えば、フルーツの中では、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。または、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのもおススメです。不妊の根本的な原因は、排卵障害や着床障害といった婦人科面での要素と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側に原因があることとが挙げられるでしょう。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

初めての妊活

妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。それはつまり、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。言うまでもありませんが、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、母体に十分な栄養が満たされた状態で赤ちゃんを授かるためにも、妊活中から葉酸を摂るように心掛けてください。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が知られるようになってきました。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

タグ : コメント(0)

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。